2010年11月17日

邪馬台 国 その1

邪馬台国(やまたいこく)とは、3世紀に日本列島に存在したとされる国なのですが、

その伝承は、『 魏志倭人伝(ぎしわじん邪馬台国 卑弥呼 邪馬台国 イラスト 邪馬台国 場所 邪馬台国 大和説 邪馬台国 卑弥呼 邪馬台国 イラスト 邪馬台国 場所 邪馬台国 大和説でん)』に記載されていたことに基づいているとされていますが・・・

ややこやしいのが、『 魏志倭人伝 』という書物は存在しない!!ことです。

「魏書」30巻(「本紀」4巻、「列伝」26巻)、「蜀書」15巻、「くれ書」20巻、計65巻から成る、

中国の西晋代の人陳寿(233年 - 297年)により西暦280年〜290年頃に編纂された『三国志』(さんごくし)と呼ばれる紀伝体の歴史書があります。

この『三国志』の中に、魏から見た周りの諸国について記載された部分があり、これは「東夷伝」と呼ばれます。

その「東夷伝」この中に、高句麗,馬韓,弁韓,辰韓等の諸部族について記した部分があるのです。

そして、その列伝の最後に『 倭 』について記述した部分があるのですが,この部分を便宜上『 魏志倭人伝 』と呼んでいるのです。

東アジア全体の様子を述べるついでに,倭の事も書き加えたという程度なのですが、この中に『 邪馬台国 』と『 卑弥呼 』という語が現れます。
posted by ひみこ at 14:52| 邪馬台国 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
日本のゲーム機
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。